新着

差がつきすぎた小林姉妹が久々のツーショット

16日、フリーアナウンサーの小林麻央(32)が都内で行われた日本マイクロソフトのイベントに出席した。麻央が、公の場に登場したのは、2011年7月に第1子となる長女を出産してから約3年半ぶり。同イベントには、姉の小林麻耶(35)も出席しており、久々の姉妹共演となった。

 鮮やかなショッキングピンクの派手なミニスカドレス姿の麻耶と落ち着いた色合いの着物姿を見せた麻央。いかにも対照的な衣装で登場した2人だったが、ネット上では「ファッションも違えば、人生にも差がつきすぎ」といった声が寄せられている。

「妹の麻央は、歌舞伎界の名門に嫁ぎ、男女1人ずつ子どもをもうけており、旦那の市川海老蔵も、私生活が安定してからは、本業の歌舞伎だけでなく映画やドラマにと役者として八面六臂の活躍ですからね。梨園の妻は大変だと言いますが、その苦労を差し引いても、順風満帆を絵に描いたような人生でしょう。一方、姉の麻耶は、現在バラエティを中心に活躍してますが、“独り身キャラ”が定着し、まだまだ結婚という幸福には縁遠そうです。そんな姉妹ですから、『差がついた』と言われてもしょうがないでしょう(笑)」(業界関係者)

 久しぶりのメディア出演にもかかわらず、相変わらずの美貌を披露した麻央。その雰囲気には、大人びた魅力に加え貫禄のようなものが漂っていた。2児の母ならではの風格といったところだろうが、彼女の隣で大口を開けて思い切り笑っている麻耶と比べると、その差は歴然。バラエティで天然キャラを炸裂させて、今や立派なイジられキャラとして確立している姉と、トラブルまみれの夫を見事に立ち直らせた妹とでは、醸し出す雰囲気も違って当然かもしれない。

 姉妹揃って学生時代に『恋のから騒ぎ』(日本テレビ系)に出演経験があり、共にアナウンサーという職業についた麻耶と麻央。『から騒ぎ』には、それぞれ8期と9期に出演したのだが、当時から、ぶりっ子全開の麻耶と清純派の麻央という評判で、“可愛い系の姉”と“美人の妹”といったキャラ分けは確立していた。アナウンサーとしての仕事ぶりも、主にバラエティ番組を担当していた麻耶に対して、麻央はお天気お姉さんや『NEWS ZERO』(日本テレビ系)のキャスターに抜擢されるなど、やはり姉妹といえどもイメージはかなり違う。

 特に近頃の麻耶は、レギュラー出演している『バイキング』(フジテレビ系)の花嫁修業コーナーで見せる、満面の笑顔だったと思いきや号泣する姿など、バラエティ番組では情緒不安定なところがフィーチャーされている。立派に梨園の妻を務めている妹とのギャップは、ますます広がっている印象だ。

「確かにバラエティ番組などでは、非常識ぶりや配慮に欠ける発言の数々など、バッシングの対象になることも多い麻耶ですが、あれはあれでキャラクターとしては強いですよ。おバカキャラでブレイクした鈴木奈々にしてもメディアに露出し始めた当初は、『リアルバカだからすぐ消える』なんて言われていましたよね。テレビの世界では、アクの強さこそタレント生命とも言えて、そう考えれば麻耶の“独身キャラ”も最高の武器というわけです。性格的な部分はさておき、あの可愛さでモテないわけがありません。戦略的な非モテの匂いすらします(笑)」(前出)

 自らのキャラクターを貫いたことで芸能界でのブレイクを果たした麻耶。今後も、何かと妹の麻央と比べられることもあるだろうが、麻耶には、それにめげずにいつまでも天真爛漫な姿を見せてほしいものだ。(文=峯尾)著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書)

過去記事一覧
おすすめのタグ
おすすめのタグ
芸能トレンド ニュース一覧へ